Produced by ROLANDALE | 究極のミニマリズム | ポケットの中での快適さを追求した特別なつくり | GOOD DESIGN AWARD 2013

約13mmの薄さを実現した
2つの特別なしくみ

カードとコインが重ならない構造

一般的な財布はコインとカードが重なる

※写真はイメージです

一般的な二つ折り革財布を横から見ると、カードと小銭入れが財布の厚みの大部分を占めます。
更に、二つ折りにした際に、カードと小銭入れが重なります。

※カード5枚、コイン10枚、お札10枚を入れて計測

「薄い財布」の特殊な配置
コインとカードを無駄に重ねない

重なる革4〜5枚

abrAsus(アブラサス)の二つ折り革財布の「薄い財布ローランド モデル」は、二つ折りにした際にカードと小銭入れを平行に配置。この特許取得済みの特殊な構造によって二つ折り革財布なのに、圧倒的に薄いカタチを実現しました。

重なる革の枚数を、極限まで削減

一般的な財布はたくさんの革が重なっている

重なる革 約10〜20枚

一般的な二つ折り革財布は、二つ折りにした際に10~20枚の革が重なってしまいます。例え財布に何も入っていなくても、これだけ革が重なると厚くなります。そこで、abrAsus(アブラサス)の二つ折り革財布「薄い財布ローランド モデル」は特別な構造で、重なる革の枚数を最大5枚にすることによって、究極の薄い財布を作り上げました。

「薄い財布」独自の構造
強度そのままに、重なる革を削減

厚さ約13mm

熟練の革職人さんと共に、30以上の試作品を作り、重なる革の枚数を5枚まで削減することに成功しました。
革自体を薄くしてしまえば、薄い二つ折り財布をつくることはとても簡単なことなのですが、革自体が薄いと強度が保てません。革の薄さはそのままに、特殊な構造で重なる革の枚数を削減した財布です。

薄いだけじゃない 使いやすさも両立した、5つのしくみ

薄いだけじゃない 使いやすさも両立した、5つのしくみ

一覧できるから使いやすい

「薄い財布ローランド モデル」を上に開くとお札とカード、下に開くと小銭。財布全部を一度に見渡せるので、レジや自動販売機での支払いが快適です。また、小銭収納部分は浅いので、中が見えやすく、出し入れもスムーズ。お札を折り畳まずに収納できるので、薄い財布ならラウンドファスナーの二つ折り財布より快適にお札が取り出せます。

鍵を入れて手ぶらででかけよう

鍵を入れて手ぶらででかけよう

「財布と携帯だけポケットに入れて、手ぶらで外出したい」
「鍵も財布に収納できたら、ポケットの中がすっきりするのに・・・」
そんな声から誕生したのが、札押さえの裏に隠された「ちょっとしたポケット」です。「家や自転車の鍵」「いざという時の1万円」「お守り」など、ちょっと大切なものを財布に収納できます。

 の画像

交通系ICカードにも対応しました
交通系ICカードを複数収納している場合でも、干渉しないように開いて使用できます。

取り出しやすいしくみ

取り出しやすいしくみ

一般的な二つ折り革財布は、カード収納部が何層にも分かれており、多くの革が重なっています。しかし、重なる革の枚数が少なく一箇所に収納するタイプの二つ折り革財布はほぼありません。一箇所に収納すると、後ろに重なっている2枚目以降のカードが取り出しにくいからです。薄い財布は左右両方に切れ込みを入れ、両手でカードをスライドさせることによって、2枚目以降のカードも取り出しやすくしました。

いざという時の名刺も

一般的な財布のカード収納部分には名刺は入りませんが、「薄い財布abrAsus(アブラサス)」ローランド モデルのカード収納部は、名刺も入るサイズに作られています。
“いざという時の名刺”を2~3枚入れておくと急に人をご紹介頂いた時や、飲み会などでの名刺交換でも安心ですし、役立ちます。

コインは999円入る設計

コインは999円入る設計

薄い財布の大きさと小銭の収納力のバランスを考えた結果、最大15枚収納できるサイズに設計しました。
500円玉1枚+100円玉4枚+50円玉1枚+10円玉4枚+5円玉1枚+1円玉4枚の合計15枚、つまり999円ぴったり入るサイズです。
こまめに小銭を出せば、小銭は999円(15枚)を超えることはほぼありません。
また、こまめに小銭を出しやすくする為に、一般的な二つ折り革財布より小銭収納部を浅く設計しています。

まだまだあります。薄さの理由。

ダブルホックで薄さと安心を両立

ダブルホックで薄さと安心を両立

薄い財布ローランド モデルでは、小銭を入れた際に一番厚みが出る中心部分にはホックを設けず、厚みと関係のない両端にホックを設けました。これも二つ折り「薄い財布」の秘密です。
また、ダブルホックなので、例え1つのホックが外れてしまっても安心。
「薄い財布は小銭が落ちないのか心配」というお声を頂くことがありますが、一般的な二つ折り革財布でも蓋を下向き開ける人はいないように、薄い財布に慣れれば、まず落ちることはありません。

ピタっとハマるパーツで革が重ならない

ピタっとハマるパーツで革が重ならない

薄い財布ローランド モデルでは、重なる革の枚数を削減するために、札押さえとカードケースの切れ込みが重なる構造にしました。
また、ぴったり合わさることによって、二つ折りにした際に、蓋(札押さえ部分)がずれにくくなっています。
薄い財布を二つ折りにした際に、蓋(札押さえ)部分の先端を、小銭入れ部分と本体部分の間に挟みこむことも出来ますので、一般的な二つ折り革財布のように、バッグやポケットの中で財布が開いてしまう心配がありません。

薄い財布の特別なしくみを
開発者が動画で解説

SCENE

  • ビジネスシーンにもフィット、スーツの内ポケットも快適
  • 想像以上の収納力、取り出しやすく支払いもスマート
  • 鍵も収納してさらに身軽に、休日も手ぶらで外出

自らの名前までも削ぎ落とした
アノニマスで現代的な佇まい

ローランド氏のミニマリスト的哲学と、商品コンセプトが共鳴したことで、コラボレーションモデルながら、アイデンティティであるロゴをあえて排した、唯一無二のデザインを獲得しました。

ローランド氏のストイックなスタイルが反映された、アノニマス(無名)であるがゆえ、名前に縛られない心地よさを、ぜひ手にとって実感してください。

ローランド
モデル

  • 小さい財布 ローランド モデル
  • 小さい小銭入れ ローランド モデル
  • 薄いカードケース ローランド モデル
  • 保存するメモ帳 ローランド モデル